現在公開されている掲示板はありません。
 

「さくら咲く春を目指して」

 「さくら咲く春を目指して」           校長 高橋 長男  

 明けましておめでとうございます。今年も皆さんの元気な顔を見ることができ,とても嬉しく思います。
 平成30年は戌年です。「戌(いぬ)」は、十二支の11番目になり,その意味は「作物を刈り収穫し,ひとまとめにする時期」ということです。つまり,「これまでの頑張りをまとめていく時期」ととらえられます。今年が皆さんにとって今までの頑張りをまとめよい結果に結び付く年になることを心からお祈りいたします。
 さて,いよいよ3学期のスタートです。3学期は1年間のしめくくり,仕上げをする学期です。6年生は学校へ来るのが後50日,1~5年生は52日です。6年生にとっては,小学校生活最後の学期であり,4月から始まる中学校生活への準備のための大切な学期です。また,1~5年生にとっても新しい学年に向けての心構えを養う上で大切な学期です。3年生以上は11日(木),12日(金)に県学力診断のためにテストがあります。1年のまとめのテストです。勉強は皆さんのよりよい未来のために大切なものです。最後まであきらめず全力で問題に向き合い,答えは「全部書く!」つもりで取り組みましょう。
 3学期は1年の中で寒さが最も厳しい時期ですが,お天道様の有り難さや季節の移ろいを感じる時期でもあります。何事もがんばった分だけ成果が出ます。難しいこと,つらいことほど成し遂げた時の喜びは大きいものです。寒さに負けず,「やるときはやる!遊ぶ時は遊ぶ!そして一歩前へ」の精神で『一人一人がきらり輝く上辺見小』を目指してがんばりましょう。私たちも全力で皆さんを応援します。
 

「行事と共に大きく成長し,成果をあげた第2学期」

   「行事と共に大きく成長し,成果をあげた第2学期」          
                            校長 高橋 長男  
 
 早いもので,近隣の花咲徳栄高校が全国優勝を果たし,感動,勇気,パワーをもらった夏の全国高等学校野球選手権大会から4か月が過ぎ,2017年(平成29年)も暮れようとしています。
  さて,そんな中,2学期は皆さんを一回り成長させた多くの行事がありました。修学旅行,宿泊学習,遠足では,どの学年も自分たちで考えて行動し,友達と協力し合いたくさんの思い出をつくることができました。三世代交流会から改名した泰山木まつりでは,どの学年も工夫した発表,活動をして,保護者や地域の方を笑顔にしてくれました。特にブースを出した学年は,ものづくり,お店等を責任をもって運営しました。また,優しい気持ちで下級生の面倒を見て,小さい子たちをたくさん笑顔にしてくれました。市音楽会では,4年生が市はなもも体育館のステージで上辺見小を代表して演奏をしました。とても落ち着いた素晴らしい合奏になり,その日が今までで一番できがよかったと感じました。朝や昼休み等も一生懸命練習を積み重ねたお蔭で大きな成果が本番で発揮され,とても頼もしく思いました。持久走大会では,多くの人が自分の新記録を出し,最後まで頑張りました。応援する姿もすばらしく走る人に勇気を与えてくれました。多くの行事を経て,一人一人が大きく成長した2学期になりとてもうれしく思います。
  さて,明日から冬休みになります。交通事故やけが,病気に気を付けて,健康で安全な生活を送ってください。「たった一つしかない命」,「失ったら二度と戻ってこない命」を自分でよく考え,自分の力で守ってください。
 3年生以上は,1月11日(木)12日(金)に県学力診断テストという1年のまとめのテストがあります。(テストの県大会)これまで全学年が日々の学習に落ち着いて一生懸命取り組み,読書量も増やして力をつけてきました。12月の学力向上強化月間においては,学習相談の時間等に全部の先生方と共に練習問題や過去問に取り組んできました。自分の未来のために,がまんして精一杯勉強する期間は必要です。中学校につながるよう「テストの前は勉強するものだ」という意識を少しでも持ってほしいと思っています。この冬休みは各自の目標,計画にしたがって勉強もするんです。「やるときはやる!遊ぶ時は遊ぶ!そして一歩前へ!」
  来年も皆さんにとって良い年になることを心から祈っています。

 

高校球児に負けるな!

   高校球児に負けるな!              校長 高橋 長男

 長い夏休みが終わり,2学期が始まりました。休み中に大きな事故や怪我が無く,皆さんの元気な姿を見ることができ,とてもうれしく思います。これは,皆さんが先生方の話をよく聞き,ルールを守ってきちんとした生活が送れたからです。
 また,暑い中,汗を流しながら学びの広場や学習相談,音楽練習,プール,自由研究,統計グラフの作成,スポーツ少年団など皆さんが頑張っている姿をみて,改めて上辺見小の子供達の素晴らしさを感じることができました。
 8月は高校野球があり,近隣の花咲徳栄高校が見事埼玉県勢として初めて全国制覇をなしとげました。この夏,高校野球をはじめ様々なスポーツにおいて,選手が勝ち負けだけではなくひたむきに取り組む姿に大いに感動した人もいたのではないでしょうか。当たり前ですが,勝利の陰には厳しくきつい練習があったことはいうまでもありません。これからの日本を支えていくのは若い皆さんです。皆さんもスポーツ面だけでなく様々な場面で夢や希望,高い目標をもって苦しくてもへこたれずたくましく生きてほしいということです。
 さて,2学期は暑さが残る9月からしのぎやすい10,11月,そして寒くなる12月までありますが,その間に修学旅行,宿泊学習,遠足,市音楽会(4年生),三世代交流,持久走大会など多くの行事があります。勉強や読書,運動など何をやるにもとてもよい時期です。2学期も「やるときはやる!遊ぶときは遊ぶ!そして一歩前へ」を合言葉に学習に生活に目標をもってみんなで頑張りましょう。
 9月になっても,まだまだ暑い日が続きます。熱中症等,健康には十分注意し,生活のリズムを早く元に戻しましょう。そして,2学期が皆さんにとって実り多い学期となることを心から期待しています。
              「みんなで創ろう 一人一人がきらり輝く 上辺見小」

 

第1学期終業式にあたって

 第1学期終業式にあたって               校長 高橋 長男

 

 本日,児童343名,1学期の終業式を迎えました。

 始業式において今年度のめざす児童の姿

    ○よく考える子  ○助け合う子  ○たくましい子

 学校の姿としても次の三つを掲げ,教育を進めてきました。

    ○楽しい学校   ○感動のある学校  ○開かれた学校

 そのために学校では,「やるときはやる!遊ぶときは遊ぶ!そして一歩前へ」を合言葉に,児童の生活にメリハリをもたせています。そして,間違っていることは間違っていると教えながら一人一人を大切にして1時間1時間の授業や行事等を積み重ねて来ました。

 目指す姿を基に,1学期皆さんが「きらり」輝いた場面を振り返ってみたいと思います。

 入学式では,2年生から6年生までの在校生が1年生を温かく迎えるため準備を全員で行い,それに応えるように1年生も大きな声で返事ができすばらしい入学式になりました。「1年生を迎える会」も含めて6年生を中心に準備から片付けまで自分から進んで行動できていました。在校生の温かい心が1年生に大いに伝わった場面でした。

 そして,5月の運動会。特に印象に残っているのは1,2年,3,4年生のダンス,5,6年生の鼓笛,そして応援です。この三つの共通点は,最初はうまくいかず失敗しながらもあきらめず何度も繰り返し練習して,本番では最高の演技ができたということです。

 市陸上記録会では,6年生全員が練習の成果を生かし,自分自身の新記録目指して精一杯競技しました。1,000mで3位入賞した箭内望人さん,80mHで4位入賞した吉田達也さん,ボールスローで7位入賞した岩浪凜々花さん,走り幅跳びで8位入賞した岩崎心美さんだけでなく,最後まで全力で頑張っている姿をたくさん見ることができました。

 6月は,いろいろな方が学校にお見えになり皆さんの勉強のようすを見ていただきました。先生の話をよく聞いている姿,ノートに自分の考えを一生懸命書いている姿,友達の考えを聞き,自分の考えを発表している姿等「やるときはやる!」という皆さんのやる気が伝わってきました。これからも1時間1時間の授業を大切にしていきましょう。

 そして,何よりも昨年より落ち着いた生活ができていること,欠席が少ないこと(欠席0の日;2日),あいさつができる人が増えていること,朝読書に静かに取り組んでいること,休み時間に学年を越えて仲良く遊び,時間を守っていること,帽子をかぶって大汗をかいて掃除に一生懸命取り組んでいることなど普段の生活の中で「きらり」がたくさん見られました。

 いよいよ明日から夏休みです。この42日間,決まりを守って,自分のめあてに向かって普段できない体験をたくさんして,一回りたくましくなって新学期を迎えてほしいと思います。

 最後に,343名の皆さん全員が交通事故や水の事故,不審者による事故等に合わず安全に過ごし,有意義な夏休みを過ごし,9月1日に元気な姿で会えることを心から楽しみにしています。


 

平成29年度が始まりました

 平成29年度が始まりました。校門をくぐって登校する児童の顔は,どれも「今年はがんばるぞ。」と言っているように見えます。その思いを我々教員は受け止め,毎日の教育活動に当たっていかなければと改めて思います。

  先日行われた入学式では,大きな声で返事ができた1年生を6年生を中心とする在校生がすばらしい態度で温かく迎えることができました。上級生が下級生の面倒をよく見てくれることが本校のよさの一つだと思います。

 さて,今年度のめざす児童の姿

    ○よく考える子  ○助け合う子  ○たくましい子

に加え,今年度のめざす学校の姿としても次の三つを掲げ,教育を進めていきます。

    ○楽しい学校   ○感動のある学校  ○開かれた学校

そのために学校としては,「やるときはやる!遊ぶときは遊ぶ!そして一歩前へ」をモットーに,生活にメリハリをもたせ,力をつけるために次のことを実施します。

    ☆全クラス朝自習の先生2人体制及び算数授業2人(5年生は3人)体制

    ☆1時間1時間の授業を大切にする。(教師も児童も)

    ☆読書活動の充実(朝読書,読み聞かせ 目標:50冊以上 全児童の80%達成)

    ☆ロング昼休みの確保

    ☆時間を守る,あいさつの徹底

    ☆宿題なしdayの設定

    ☆子供が主役となる特別活動の充実

    ☆フリー授業参観(4月から毎日)

 ご家庭でも子供の頑張りへの励まし,早寝,早起き,朝ごはん,そして,お忙しい中とは思いますが,子供の話に耳を傾ける等のご協力をいただければ幸いです。

 児童一人一人がみんな大切です。一人一人のよさを伸ばすためには本気で叱ることも大切です。今年は昨年以上に担任の先生が気合を入れて指導してまいります。ご家庭でも気になることがありましたら何なりと気軽に担任等にご相談してください。一緒に考え,共に手を携えて全力で子供たちの成長を応援していきますので,どうぞよろしくお願いいたします。目指せ!一人一人がきらり輝く上辺見小

学校長高橋写真